成長期に身長を伸ばす方法をまとめてみました

成長期 身長

 

成長期に身長を伸ばす方法についてまとめてみました。

 

子供の身長に大事なのは睡眠、運動、栄養とよく言われていますが、その中の栄養について、子供の身長に一番大事なものがあるのだとか。
ここでは成長期のお子さんの身長についてお悩みの方に参考となるように、子供の身長を伸ばす方法についてまとめてみました。

 

私も現在、中学1年生の男の子がいるのですが、身長が低くてちょっと心配です。
小学生までは身長がちょっと低くてもむしろ可愛いかなぁなんて思っていたのですが、中学生になっても身長が低いままだとちょっと心配になってきました。
息子も小学生のころはさほど身長について気にしていなかったようなのですが、中学校に入学して思春期になったら、異性の目も気になるようで、背が低いことに悩み始めたようです・・・。
この間は「僕の背が低いのはお父さんとお母さんの身長が低いせいだ!」って言って泣いていました。
今まであまり人前で泣いたりしない子だったので、よっぽど身長について悩んでいるのだと思います・・・・。

 

背が低いことに悩んでいる息子を見るのが辛くて、母親の私にも何か出来ないかなと思って、成長期の身長を伸ばす方法について調べてみました。
私なりに成長期の子供の身長を伸ばす方法について調べたことをまとめてみたので、私と同じように子供も身長に悩んでいるお母さん、お父さん、それにお子さん本人にも参考になれば嬉しいです。


身長が低い原因

成長期 身長

 

そもそも、うちの息子はどうして身長が低いのでしょうか?
身長が低い原因について考えてみました。
背の低い原因が分かれば、その原因を改善するようにすれば成長期に身長を伸ばす方法もわかりますよね。

 

まずは身長が低くなってしまう原因についてまとめてみました。

 

遺伝で身長はかなり決まってしまう

成長期 身長

 

いろいろと調べてみると、身長が低くなる原因の第一はやっぱり「遺伝」のようです。
何だかんだ言っても、やっぱり背の高さというのは両親からの遺伝がかなり影響するのだとか。
子供の身長を予測する計算式というのがあるみたいで、それは父親と母親の身長から計算するものだそうです。
具体的には、子供の予測身長というのは下記の計算式から計算することが可能だそうです。

 

  • 男子= (両親の身長の合計+13)/2+2
  • 女子= (両親の身長の合計−13)/2+2

 

男の場合と女のこの場合では計算の仕方が異なるみたいですね。

 

うちの場合で実際に計算してみました。
私の身長が152cm、夫の身長が176cmなので、うちの息子の予測身長は172.5cmと計算されました。
日本人の男性の平均身長が170cmぐらいらしいので、予測身長的には決して低くないみたいですね。
今、中学1年生の息子の身長が148cmで、クラスでかなり背が低い方なのですが、これからどんどん大きくなっていくのかもしれません。

 

そもそも子供の成長期というのは、男の子の場合は中学生〜高校生までらしいので、うちの息子はこれから成長期に入っていくのだと思います。
そう考えると、今の息子の身長が低くても当然であまり心配する必要はないのかもしれません。
うちの息子が背が低いことで悔し涙を流しているときに、そう言ってあげればよかったな・・・・って思いました。

 

自分の身長が低いことを両親の遺伝のせいにしていたけど、夫は背が高い方なので、もしも遺伝のせいだったら私のせいだと思います・・・。
それなのに「お母さんのせい」といわずに、「お父さんとお母さんのせい」と泣いていたのは、私への優しさだったのかな・・・って思いました。
そんな優しい息子に悲しい思いをさせたくないので、成長期にどんどん身長を伸ばせるように母親としてもサポートしていきたいと思います。

 

成長期の身長には遺伝以外にも大事な要素がある

成長期 身長

 

 

子供の身長には遺伝が大きな影響があるのは間違いないですが、それでも全体からの割合で言うと20〜30%ほどの影響なのだそうです。
つまり、残りの80%ほどは遺伝以外の要素で決まってくるのだとか。
遺伝以外に、子供の身長が低くなってしまう原因として次のようなことが言われているようです。

 

睡眠不足
運動不足
栄養不足
姿勢の悪さ

 

他にもいろいろと原因はあると思いますが、遺伝以外に子供の身長に悪影響を与えると考えられている原因は上記の4つほど。
逆にいえば、これら4つの原因をなんとか改善させれば、子供の身長は成長期にぐんぐん伸びる可能性があるってことですね。

 

成長期の身長に一番大事なのは成長ホルモン!

成長期 身長
身長が伸びない4つの原因について書きましたが、実は上記の4つの原因のうち、1〜3までの原因というのは実は根本的には同じ原因といっても間違いではないのだとか。
睡眠不足、運動不足、栄養不足で身長が伸びないというのは、結局、成長ホルモンの分泌が少なくなってしまうということに尽きます。
結局、子供の身長を伸ばすのに一番大事なのは成長ホルモンの分泌なのだとか。
身長が伸びるというのは、要するに骨が成長するということなのですが、骨が伸びて成長するときに大事なのが成長ホルモンなのだそうです。

 

成長期の子供の骨には骨端線(こつたんせん)という部分があり、これた骨の成長に欠かせない部分なのだそうです。
骨端線(こつたんせん)というのは、骨と骨の境目の部分の空間になります。
普通、成長期を終えた大人の場合には骨端線が閉じ、軟骨となって骨と骨とつなぐ関節となっています。

 

成長期 身長

一方、身長が伸びきっていない、成長期の子供の場合には、骨端線が閉じておらず、隙間が空いているわけです。

この骨端線の部分に成長ホルモンが作用し、骨を成長して伸ばしていくことで、子供の身長も伸びていくということなのだそうです。
つまり、子供の身長を伸ばすためには、いかに成長ホルモンを分泌させるかが重要というわけですね。
睡眠不足、運動不足、栄養不足というのは、成長ホルモンの分泌を減少させてしまうので、成長期の身長に悪影響を与えてしまうというわけみたいです。

 

一方、4つめの原因として姿勢の悪さも成長期の身長に悪影響を及ぼします。
というのは、姿勢が悪いと、骨が伸びていこうとするときに上手く伸びることができないからです。
まっすぐな姿勢で骨もまっすぐなら伸びやすいですが、猫背だったり骨が曲がった状態だと骨も上手く成長していくことが出来ません。
例えば、植物の木で考えると分かると思うのですが、まっすぐ立っている木ならそのままスムーズに伸びて成長できると思いますが、ぐにゅって曲がって立っている木では上手く伸びることが出来ないってわかりますよね。
子供の身長もそれと同じで、姿勢が悪いとスムーズに伸びて成長することが出来ないそうです。
以上が遺伝以外に子供の低身長に影響を与える原因でした。


成長期に子供の身長をぐんぐん伸ばす方法とは

成長期 身長

 

成長期に子供の身長をぐんぐん伸ばす方法をまとめてみました。
子供の身長には両親からの遺伝もかなり影響しますが、それでも影響は2,3割程度。
つまり、残りの8割程度は遺伝以外の要因で決まるので、努力次第では子供の身長を伸ばすことも可能みたいです。
遺伝以外に子供の身長を成長期に伸ばす方法としては、上記4つの原因を取り払うこと。

 

つまり、成長期に身長を伸ばす方法は下記の4つが大事のようです。

 

しっかりと睡眠をとる
しっかりと運動する
しっかりと栄養をとる
姿勢を改善する

 

ここでは成長期に子供の身長を伸ばす方法についてポイントをまとめてみました。

 

しっかりと睡眠をとる

成長期 身長

 

成長期に子供の身長を伸ばす方法として一番大事なのが、しっかりと睡眠をとるということ。
「寝る子は育つ」と昔から言いますが、それは本当みたいで、とにかくしっかりと寝るということが成長期に身長を伸ばすコツなのだとか。
睡眠が身長を伸ばすのに重要というのは科学的にも証明されているらしいです。
結局、身長を伸ばすのに大事なのはいかに成長ホルモンを分泌させて、骨端線に作用させて骨を成長させるかということ。
成長期というのは、要するに成長ホルモンがこの時期に大量に分泌される時期という意味です。
そして、この成長ホルモンの分泌というのは睡眠時におこなわれます。

 

しかも、成長ホルモンが大量に分泌される睡眠のゴールデンタイムというのがあって、一般的に夜10時〜深夜2時といわれています。
この時間帯にしっかりと睡眠をとることで成長ホルモンがしっかりと分泌され、成長期に身長を最大限にまで伸ばすことができるのだとか。
最近は子供といっても夜中10時以降も起きているお子さんも多いと思います。
とくに中学生以上になると夜更かしも覚えて、夜10時でも普通に起きているお子さんは多いですよね。

 

うちの息子も中学生になってからは寝るのがどんどん遅くなって、ひどいときは1時近くまで起きている日もあるようです・・・。
でも、成長期に身長を最大限に伸ばすためには夜更かしは絶対ダメなんです。
背が低くて悩んでいるお子さんには、とにかく夜更かしはダメということをきちんと伝えて、睡眠をしっかりとらせる必要がありますね。

 

2.しっかりと運動する

成長期 身長

 

成長期に身長を伸ばすためには、しっかりと運動をするということも大事です。
これも結局は成長ホルモンの分泌をうながすということ。
成長ホルモンの分泌には乳酸がトリガーになっているといわれているそうです。

 

最近、加圧トレーニングといって、ロープなどでしばって血流を抑制した状態での筋力トレーニングする方法が話題になっています。
この方法は血流を阻害して無酸素状態で筋肉に負荷を与えることで、乳酸が大量に発生します。
この大量に蓄積した乳酸をトリガーにして、成長ホルモンが大量に分泌されるということで、筋力を増大したい大人の間で流行しているそうです。
成長ホルモンは成長期の子供でないとほとんど分泌しないと言われていますが、この加圧トレーニングの方法では大人でも成長ホルモンを分泌させることが出来るのだとか。
つまり、成長ホルモンの分泌のためには、乳酸を蓄積させるような運動が重要ということです。

 

ただし、子供の場合は、もちろん加圧トレーニングなどの方法は不要です。
普通の運動を適度におこなえば、それだけで成長ホルモンの分泌をうながすことが出来るそうです。
むしろ、子供の場合は過剰な運動は厳禁で、成長期に身長を伸ばすためには適切な運動を適度にバランスよくおこなう必要があります。
過度に筋肉をつける必要があるスポーツや運動は、逆に成長期に身長が伸びづらいといわれているようです。
実際、若い体操選手は筋肉がすごいですが、皆、背は低くなっていますよね。
成長期に身長を伸ばすためには、過度な筋トレなどは避け、適切な運動を適度におこなう必要があるということみたいです。

 

3.しっかりと栄養をとる

成長期 身長

 

成長期に身長を伸ばすためには、しっかりと栄養をとるということも大事です。
これも成長ホルモンの分泌を促すために栄養が大事ということです。
そのため、栄養なら何でもいいというわけではなく、成長期に身長を伸ばすためには、成長ホルモンの原料となるような栄養をとっていく必要があるのだとか。

 

成長ホルモンというのはたんぱく質で出来ています。
そのため、成長ホルモンの分泌を促すために、たんぱく質の合成をサポートしたり、たんぱく質の材料となるような栄養をとっていくことが大事なのだそうです。
身長を伸ばすためには牛乳が大事というイメージもありますが、それはカルシウムが骨の材料になるからということ。
背を伸ばすために牛乳が大事というのは間違いではないのですが、それよりも成長期に身長を伸ばすためにはいかに成長ホルモンの分泌を促進させてあげるかが大事らしいです。
子供の背を伸ばしてあげたいと思って牛乳ばかり飲ませても意味がないとはいいませんが、あまり効果は期待できないかもしれません。
成長期にぐんぐん身長を伸ばしてあげるためには、牛乳にプラスして、成長ホルモンの分泌を促進させる栄養をとらせることが大事なのだとか。

 

成長ホルモンの分泌を促進させるために大事な栄養は具体的に何かというと、亜鉛、アルギニン、プラセンタの3つなのだそうです。
亜鉛はたんぱく質の合成を促すサプリメントで、成長ホルモンの合成をサポートしてくれるそうです。
成長ホルモンの合成に必須なミネラルなのですが、普段の食べ物からはとりにくいので、成長期のお子さんの間でも不足しがちな栄養なのだとか。

 

アルギニンはアミノ酸の一種ですが、これは成長ホルモンの原料となるもの。
成長期に身長を伸ばすサプリメントとしては不可欠といえます。
実際、アルギニンというのは医療の現場でも利用されているらしく、低身長の子供がきちんと成長ホルモンを分泌させる能力があるかを調べる薬品としても使用されれているのだとか。
アルギニンは成長ホルモンの合成に必須な栄養といえるので、成長期に身長を伸ばすためにはかならず摂っておきたい栄養といえます。

 

プラセンタは哺乳類の胎盤で、美容目的で利用されていることが多いです。
美肌に効果があるとしてプラセンタを利用しているお母さん達も多いと思います。
でも、実はプラセンタは美容だけではなく子供の身長など身体作りにも効果があるといわれているそうです。
プラセンタについても成長ホルモンの分泌を促進する効果があるといわれており、成長期に身長を最大限伸ばすために大事なのだとか。
これらの栄養をしっかりと摂ることが、成長期に身長を伸ばすためには大事です。
とはいえ、普段の食事からこれらの栄養をすべて摂ることはかなり難しいと思います・・・。
そこでサプリメントなどでこういった栄養を補ってあげることもできます。
最近では、子供の成長期の身長に効果のあるサプリメントもいろいろと出てきています。
サプリメントというとちょっと抵抗があるかもしれませんが、牛乳などに混ぜてココアのように飲めるタイプの健康飲料のようなものもあります。

 

アスミールなら成長期の身長を伸ばすのに大事な栄養が全部とれる!

成長期 身長

 

>>アスミールについて詳しくはこちら

 

例えば、アスミールというものなら、成長ホルモンの分泌に大事な亜鉛、アルギニン、プラセンタがバランスよく含まれているのでおすすめです。
牛乳などに混ぜてココアのようにして飲むことが出来るので、お子さんも美味しく飲んでくれると思います。
成長期に身長をぐんぐん伸ばせてあげたいなら、アスミールなどの健康食品やサプリメントも考えてみてくださいね。

 

4.姿勢を改善する

 

成長期に身長をぐんぐん伸ばすために最後に大事なことは姿勢です。
猫背だったり背中が曲がっていたりすると、身長も思うようには伸びてくれません。
骨が成長するときに、骨が曲がっていたりすると、上手い具合に伸びてくれないってことです。
そのため、成長期に身長を最大限伸ばしてあげるためには、きちんとした姿勢を保つ必要があります。
猫背だったり背中が曲がっていたりする場合には、少しずつでも姿勢を改善させていくようにしましょう。
そのためには普段の勉強するときの椅子の座り方などをきちんとチェックしてあげて、正しい姿勢かどうかをフィーとバックしてあげることが大事です。
成長期に身長を伸ばすためにも、ここでご紹介した方法を意識して、サポートしてあげるようにしましょう。



http://www.spot4value.com/ http://www.andaelys.com/ http://www.skaarhus.com/ http://www.sh222.net/ http://www.schulthomesgobig.com/ http://www.tenshinosupple.com/ http://www.paris-sud-amiante.com/ http://www.casino365days.com/ http://www.ccgt168.net/ http://www.juegosyjugar.com/ http://www.edjetest3.com/ http://www.hanoverconcrete.net/ http://www.madopolis.com/ http://www.youtube-cz.info/ http://www.mc-cazeres.org/